column

シェアハウスの作り方 シェアハウスをつくる編

投稿日:2019-01-01 更新日:

あなたは、なぜシェアハウスを創ろうと思っているのでしょうか。
単純に「シェアハウスがしたい!」っていう理由だけでもいいですが、物件探しや交渉など、
シェアハウスを立ち上げるにも、それを持続的に運営していくにも、シェアハウスをやるとい
うことは非常に根気のいることです。
後で「なんで創ったんだっけ?」と迷わないようにするためにも、下記の4つくらいは考えて
おいたほうが後々の助けとなるでしょう。

 

 

1)シェアハウスを作って、自分は何がしたいのか?

そもそも、なんで自分はシェアハウスを作りたいの?っていうところです。
もっとも自分のエゴが出る所でもあります。難しい言葉を使う必要はありません。
これが、あなたのシェアハウスに対する「理念」であり、「こだわり」です。
一言でもいいので、協力者やオーナーさん、友達に説明できる程度の言葉にしておくといいでしょう。
ex.) 『繋がりのある社会を作りたい!』『趣味の合う人達と暮らしたい!』『シェアハウスでお金を儲けたい!』

 

2)なぜシェアハウスという手段なのか?

1)において出したあなたの目標を実現するために他に方法はないでしょうか?
もしあるのならば、なぜシェアハウスなのでしょうか?
あなたが、シェアハウスにこだわる理由。
それを出すことで「シェアハウスを作ること」への説得力が増します。
ex.)『シェアハウスは、生活を通して人と繋がり合って生きることが学べるじゃん。
だから繋がりのある社会を作る上でシェアハウスがベストな手段なんだ。』
『外のいろんなコミュニティと関わってるけど、それは一時の関わりなんだよね。
一緒に暮らしながら、日々趣味を共有してステップアップできるのにベストなのは、シ
ェアハウスでしょ!』
『これからはシェアが注目される時代。すでに世界レベルでそうなっているのは明らか
だ。
今は日本でもシェアハウスは流行ってるし、事業としてのシェアハウスで一攫千金を狙
うぜ!』

 

3)どんなシェアハウスにしたいのか?

ひとくちにシェアハウスと言っても、世の中にはイロイロなシェアハウスがあります。
自分のシェアハウスをどういう風にしていきたいのか。
どんな場所にあって、どんな大きさで、どんな外見で、どんな雰囲気なのか、
住んでる人はどんな人で、どんな表情をしてて、何のために自分のシェアハウスに住んでるのか、
平日は住人たちは何をしているんだろうか、週末はみんなそれぞれどんな風に過ごすんだろうか。
ex.) 『コミュニケーションいっぱい、相部屋やドミトリーがいっぱいのわいわいなシェアハウス』
『プライベート重視の完全個室、同じ趣味を持ってきっちりした人が集まるコンセプトハウス』
『設備や衛生面を整えた、シェア未経験のひとでも入居しやすい女性が多いシェアハウス』

 

4)シェアハウスにどんなふうに関わっていきたいのか?

シェアハウスへの関わり方も、人によってそれぞれです。
作ったシェアハウスとどう関わっていきたいのかを考えておきましょう。
ex.) 『一緒に住んで、住んでるみんなでわいわい話しながらコミュニティを回して行きたい!』
『一緒に住んで、リーダーシップを取って住人さん同士でイベントなんかも開けるよう引っ張っていきたい!』
『住む場所は別の家にして、なにかトラブルや家具の故障があった時に対処するだけにしたい!』

 

-column
-,