column

シェアハウスの作り方 入居手続き

投稿日:2019-01-01 更新日:

契約書を交わす形が一般的です。あなたと新入居者がどういう関係であれ、あなたが不動産屋やオーナーさんと交渉して至った契約は非常に大変だったはずです。契約における禁止事項等は最低でも説明してきちんと理解してもらうほうがよいでしょう。

主なトラブルとして、家賃滞納、迷惑行為、器物破損、盗難、コミュニティとの不和、ディス・コミュニケーション、引きこもりなどがあります。新しい人に入居してもらうことでコミュニティは良くもなり得るし、悪くなるリスクもあります。契約書の主目的は、コミュニティを良くするためではなく、何かあった際に注意喚起したり法律的に対処するための予防策です。漏れがなるべくないよう、しっかりと練り上げて作りましょう。

 

※またたび契約書サンプル

これらの入居手続きや契約書作成がわからないという方には、天晴れまでお気軽にご相談ください。
シェアハウスのスタートアップから集客、コミュニティデザインや住人へのワークショップまでシェアハウス専門のトータルコーディネートを承っております。楽しいシェア生活の入口である「入居手続き」も、丁寧にヒアリングを行ないながらサポート致します。

-column
-,