column

シェアハウスの作り方

投稿日:2019-01-01 更新日:

シェアハウスを始めるにはおうちが必要だよね編


1. 自分が何をやりたいのか、どんなシェアハウスを創りたいのか、なんでシェアハウスなのか、を決める。

 (詳しくはこちら「~なんでシェアハウス?〜シェアハウスをつくる編」)

 

2. 物件を探す

・自分で物件を探す方法
・不動産屋に依頼して探す方法
・シェアハウス業者に依頼して探す方法
(詳しくはこちら「物件探し編」)

 

3. 物件交渉


カネ、信用、連帯保証人、覚悟、気持ち、コンセプト、シェアハウスに関する知識、展望
(詳しくはこちら「~物件交渉~(契約にこぎつけるまで編1」)

 

家賃交渉、使用範囲交渉、サービス品交渉
(詳しくはこちら「コレがないから困ってるの!ちょっと詳しく教えて!コーナー(契約にこぎつけるまで編2)」)

 

物件取得、仮契約から本契約へ
(詳しくはこちら「~契約条項交渉~(契約にこぎつけるまで編3)」)

 

 

規定のお金を振り込んで、今日からあなたはシェアハウスの借り主です。

 

 

ただの一軒家をシェアハウスにしよう!編

 

1. 中づくり

リビング、キッチン、玄関、談話室、廊下、洗面台、お風呂、各部屋に最低限生活に必要なものを置いて、生活ができるよう整えます。
(詳しくはこちら「~中づくり~(ハウスデザイン編)」)

 

 

2. 集客

人が集まらないとシェアはありえないので、広報をかけて一緒に住む人を集めます。
(詳しくはこちら「集客(人集め編)」)

 

 

3. 仲間集め、もしくは問い合わせから面談、入居手続きへ

一緒に住んでみたい、ぜひあなたのシェアハウスを見せてほしいという連絡が入ったら、シェアハウスの内覧を行ないます。その中でその人が一緒に住みたい人か、一緒に住める人か、コミュニティにとって良い人か、などを面談を通して判断します。
その後、お互いの合意ができれば、入居手続きを行ないます。
(詳しくはこちら「問い合わせから面談、入居手続きへ」)

 

 

4. 入居手続き

契約書を交わす形が一般的です。あなたと新入居者がどういう関係であれ、あなたが不動産屋と闘った際の契約は非常に大変だったはずです。その際の最低でも禁止事項等はわかっておいてもらったほうがよいでしょう。
数人集まって、シェア生活が始まります。
(詳しくはこちら「入居手続き」)

 

※またたびの契約書サンプル

 

これらの入居手続きや契約書作成がわからないという方には、天晴れまでお気軽にご相談ください。
シェアハウスのスタートアップから集客、コミュニティデザインや住人へのワークショップまでシェアハウス専門のトータルコーディネートを承っております。楽しいシェア生活の入口である「入居手続き」も、丁寧にヒアリングを行ないながらサポート致します。

 

 

-column
-,